Kana's Cafe☆New York

kanacafeny.exblog.jp
ブログトップ

明けましておめでとう!

d0157240_22445044.jpg

金沢の友達から送られてきた写真です。あまりにも素敵なのでアップしてしまいました☆彼は毎年スノーマンを作っているそうです。

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく!
[PR]
# by kanascafe | 2011-01-01 01:00 | ほのぼのと

アバウトな気質

d0157240_16354033.jpg

例年恒例のColumbus Circleのクリスマスイルミネーションです。

すっかり寒くなりましたね。
マンハッタンはすっかりクリスマス一色でうっとり気分に♪
ファイナルの課題が終わったのでひといき着きたいところですが、来週はレコーディングそしてトレーニングもまだまだあるし、仕事も増えてきてるし、、で帰国まで忙しい日々が続きそうです。

でも、実は先週素敵なパフォーマンスに二つ行って来ました。
ひとつ目は、大好きな矢野顕子さんのコンサートに☆NYCならではの、カジュアルなライブバーでのコンサートで帰り際にあっこちゃんとしゃべったり写真撮ったりもできるんです!日本ではまずあり得ない!!ちなみに去年は私の目の前に平井堅さんが並んでて(あっこちゃんとしゃべるために)逆に彼が写真を撮られたりもしてました。しかし、私はあまりにもあっこちゃんの事を尊敬しすぎて,
好きすぎて、肝心の写真の時にも緊張で言葉がひと言も出ません。写真をお願いするのもジェスチャーで、、、ってなくらいの緊張度。よっぴのおかげで少し話しをする事ができて、「お仕事がんばってね」って言ってもらえて、もう嬉しさ100万倍でした☆

そしてその翌々日、ある方にオペラに連れていってもらいました。
実はオペラ初体験!!しかも有名なCarmenです!
まずはリンカーンセンターの美しさにうっとり。カーネギーも素敵だけど、ゴージャス加減が違います。オベラはなんと8時半〜11時50分までの約3時間半なのですが、心配とはうらはらにおもしろくてあっという間に終わりました。
曲も知ってるのばっかりだし、席に字幕が出るし、何よりもオペラ歌手の歌声の美しさに感動しました。いやあ、NYに住んでて良かったよ!

、、、とほくほくの気分で過ごした夜でした。

で、地下鉄に乗ったらこんなおもしろいアナウンスメントがあって思わず笑ってしまいました。アバウトすぎていつも迷惑しているNY Subwayですが、ここまで開き直られたらあっぱれですな。ま、このアバウトさもNYに住んでる醍醐味でしょうか。

こちら↓
d0157240_16414182.jpg


"G train will no longer run on any schedule. They will show up if and when we feel like it" (Gトレインはスケジュール通りには運行されなくなります。もしかすると私たちの気が向いた時に現れるでしょう。)
日本語訳にするとちょっと伝わりにくいんだけど、MTA(地下鉄の会社)側の「してやったり(ウインク)」... な顔が浮かぶ書き方です。
[PR]
# by kanascafe | 2010-12-11 16:31 | ほのぼのと

駆け抜けた一ヶ月

お久しぶりの日記です。
「最近ブログ更新してないね」、という声がちらほら聞こえ始めました。
仕事と勉強と遊びに一生懸命になりすぎて、パソコンに向かう時間がなかったという訳です。

何も無かった訳ではなく、たくさん色んな楽しい時間を過ごしていました。
今日はばばん!とダイジェストで。

まずさかのぼる事10月9日。ジョンレノンの命日。
この日、セントラルパークのStrawberry Fieldsへ行ってみました。さすが、命日ともありものすごい人、人、人。
前も横も見えない状態です。Strawberry Fieldsでのんびりする、という計画は見事却下。
d0157240_12141292.jpg

ジョンに捧げる絵や花が飾られています。混み合うstrawberry fieldsを避け、この当たりでのんびりする人多数。同じ日にグリニッジビレッジにある大好きなカフェ、Cafe Reggioにも行きました。
ゴッドファーザーでも使われたこのカフェ、レトロな感じが神戸の喫茶店を思い出させます。とにかく大好きなカフェ。 
d0157240_12181793.jpg


そしてフィラデルフィアから戻ってすぐの週末は友達に紅葉狩りに連れて行ってもらいました。
アップステートの方にあるFishkill Villageという所まで行きました。車で1時間半くらい北へ行った所です。
NYCよりも大分気温が低い事もあり紅葉も見頃を過ぎていた感はありましたが、行き帰りのドライブウェイは息を飲むほど美しくメルヘンの世界でした。BGMは何故かスピッツ&小沢健司。あんなに聞いていたのにすっかり忘れてしまっていました。
d0157240_12195717.jpg

d0157240_12221129.jpg


そして翌日は、これまた別の友達がLouis Armstrongのミュージアムがクイーンズにあるから行こう!と行って連れて行ってくれました。ジャズの父Louisが実はクイーンズに住んでいたらしく、その家をそのまま保存してミュージアムにしています。これがすばらしい!
見た目はそんなに大きくない(彼ほどのスターからすれば)お家なのですが内装がすばらしい。一部屋一部屋テーマが決まっていてそのテーマにそって内装や家具が設定されています。家の内部は写真撮影禁止なので紹介できないのが残念ですが、もしNYに住んでいる人は是非とも訪れてほしい場所です。
d0157240_12285195.jpg


まだまだ続きます。

芸術の秋を堪能した後はスポーツの秋です。
2週連続でスポーツ観戦に連れて行ってもらいました。これが本当に楽しかった。
最初はNBA観戦です。NY Knicsは結果的には負けてしまったのですが、最後の20秒まで勝敗が決まらないという緊張感あふれるスリリングな試合でした。
d0157240_1231953.jpg


これでスポーツ観戦の味をしめ、おもしろかった!おもしろかった!と連呼していたら翌週なんと!アイスホッケーに連れて行ってもらえました。なんて素晴らしい事でしょう。
ホッケーは試合中に選手同士が格闘しても良いという事らしく、お客さんもそれを見に来ているような人が多かったです。ちょっとガラの悪い感じで、ヤジを飛ばしまくる客が多かったです。阪神を思い出しました。
d0157240_1234146.jpg

しかしアイスホッケーのあのスピード感ったらありません。見ていると今度はアイススケートがしたくなって来ました。来週はアイススケートにでも行こうかしら。。。

こんな感じで駆け抜けた1ヶ月でした。
もちろん遊びだけではなく、仕事、大学院、そして音楽療法のトレーニングも真面目にやってますからね☆
[PR]
# by kanascafe | 2010-11-15 12:35 | ほのぼのと

友達たくさん☆

フィラデルフィア二日目♪
ご機嫌な一日でした。

朝、クラスに行く前にスタンドで(いわゆる屋台)おじさんの作るブレックファーストを買ってから行くのが私の日課(に昨日からなった)のですが、今日は私の後ろに並んでいた男性が私の分のお金を払ってくれました。ラッキ!出だし好調。

クラスのプレゼンテーションも上手く行き、授業後、教授と少し話しをする時間があり色々彼女が私の今までのエッセイや課題などから感じた事、励ましの言葉、そしてお褒めの言葉も頂きました。

その後は、同じクラスのSearomとショッピングへ!
何故ショッピングかって?実はフィラデルフィアは服と靴に税金がかかりません☆
その事を前回彼女から聞いて、フィラデルフィア行ったら買い物するぞ〜と張り切っていました。さっそく大好きなAnthropologieへ。
ここのアンソロは私が今まで見たどこのアンソロよりも素敵な店構えでした。
そして品揃えもかなり良くて見やすく、2点お買い上げ!

そしてお腹がすいたので彼女がおすすめのマレーシアンレストランへ。
「ボストンにもあるんだって、このお店」と言って彼女が連れて行ってくれたのはボストンどころかNYでも人気のあるPennangでした!ここは何を食べても当たりな美味しいお店。

前回会った時は大失恋をして落ち込んでいた彼女ですが、今日は「元カレに会ったらいつでも殴れるようにキックボクシングを習い始めたの」とおしとやかでスキニーな彼女が言うので思わず吹き出してしまいました。元気になってて良かった〜。

ご機嫌な気分でホステルに戻ると、人がたくさん入れ替わっていました。
向かいのベッドにいる女性ともう一人の女性がどちらもカタコトの英語で話していますがどうやら問題が発生したみたい。電話かけたいけどかけられない、、、みたいな事で困っていたので「大丈夫?電話貸してあげようか?」と話かけた事をきっかけに気づいたら彼女達の明日のNY行きのバスの手配をしていました。二人は今日知り合ってたまたまNYに行きたいというのが一致したので明日二人で行く事にしたそうです。

で、計画は?と聞いたら
10時くらいにNYに着いて5時くらいにバスにのって帰って来る。っというのでそれじゃ時間短かすぎるよ、どこ見に行くの?と聞いたら
タイムズスクエア!!
.....いやあ、他にも見所はたくさんありまっせ、、、
という事で、出発時間を早朝にする事を勧め、見所等を簡単にリストアップして地図を書いてあげたりしました。とても喜んでくれて私もハッピーな気持ちに。

その後散々わいわい話して笑って仲良くなりました。気づいたら周りのみんな話に参加してて微笑ましかったです。やっぱりこういう出会いが旅の醍醐味!って思ってる人がたくさんいるんだな〜って思いました。

そんなわけで、今夜は一人ディナーせずに済みました〜!
さてと明日はどんな一日になるかな〜っと。。

おやすみ☆
[PR]
# by kanascafe | 2010-10-20 13:35 | きいてきいて!

憧れのピアニストに会いに行く

d0157240_14462488.jpg


芸術の秋。。。
という訳でも無いですがジャズピアノが聴きたくなる季節になってきました。
Steve Khun(スティーブ キューン)というピアニストをご存知ですか?

そんなにメジャーな訳でないので、知る人ぞ知るミュージシャンかもしれません。
私が彼の存在を知ったのは約10年前。その時つき合っていた男性に教えてもらいました。
その元彼から受けた音楽の影響ははかりしれなく、私が今大好きな 矢野顕子さんも、大貫妙子さんも、ジェームステイラーも、Tooth Theilmansも、はっぴいえんども、あれもこれも全てが彼に教えてもらって好きになったミュージシャンです。その元彼は私からすると、恐ろしく聴く音楽のセンスが良く、そして彼自身も雑誌や本を読んでこつこつと情報を集めてCDを聴きあさっていました。彼のおすすめの曲を集めてMD(なつかしい!)を作ってプレゼントしてくれたり、、、。彼からは、二人の楽しい思い出だけではなく、音楽の素晴らしさや可能性を知るきっかけを頂いたわけです。

例にもれずこのSteve Kuhnさんもその男性に教えてもらいました。どのアルバムの誰との演奏だったかは忘れたのですが、演奏がとても私の好みで一度で好きになったのを覚えています。(大体私はエヴァンス系のピアニストが好きなのです)。上記したようにそんなにメジャーな人ではないので(と言っても有名なミュージシャンと演奏していますが)頻繁に上がる名前でもなく彼の存在は私の記憶の奥深くに眠っていました。

先日、仲良しの友達でもあり私のピアノの優秀な生徒でもあるYちゃんとNY周辺のライブ情報を一緒に見ていた時に、ふと彼の名前を目にしました。Steve Kuhn....聞き覚えのあるこのかわいい名前!さっそくYoutubeでチェックしてみたら、そうそう、私の好きだったピアノ!

これは行くっきゃないでしょ、という事で彼のピアノソロコンサートを聞きにEast Villageへ。
コンサートの場所は初めて聞く"The Stone"というお店。先に着いていたYちゃんが「ものすごく分かりにくい入り口だから気をつけて」と言っていたにもかかわらず、見事迷います。
近くにいたおじさんに聞いて(明らかにしょっちゅう同じ質問を受けている感じでした)到着。

しかし、それもそのはず。こんな入り口誰が気づくの?
d0157240_1423745.jpg

よおーーく見ると 確かに The STONEと。(ちょっとぶれてるけど)
d0157240_14241480.jpg


中に入るともう演奏が始まっています。足を入れたとたんにもう耳が聞き入ってしまっています。
彼の演奏は、うまく形容できそうでできない不思議な感じなんです。すごくjazzyでポップでものすごくグルーブしているのだけど、印象派っぽいクラシックの雰囲気も入っていて厳かで壮大な感じもあります。特に目をつぶって聞いていると次々と色んな情景が目に浮かぶ、そんな演奏です。そしてアンコールでは歌も歌ってくれて、それがなかなか渋くさとかわいさとが絶妙な感じで感じられました。
すっかり一週間の疲れも取れて気持ちはハッピハッピ〜!心と体がクレンズされたようです。
これぞミュージックセラピーだ〜!! 

ライブハウスの中はこんな感じ。

d0157240_14313632.jpg
d0157240_14314979.jpg


あまりにも音楽が素敵だったので写真も撮ってもらました。恥ずかしがりなので、こんな事普段はなかなかできない私ですが、今日は積極的に☆(Yちゃんの許可なしでアップしたよ〜)
d0157240_1433551.jpg

どうして成功しているミュージシャンはみんな似たような優しくてチャーミングで男らしい雰囲気が漂うんでしょうか。。

そしてさらに今日の私は積極的です。
SteveがNY在住という事を知り、思い切って "Can I take your piano lessons?"と聞いてみました。一応バークリー出てます、と伝えて。。。笑。 "SURE!" と言ってSteveが名刺をくれました。わお〜!!!まじで!憧れのピアニストにレッスン見てもらえるの!!

果たして、私が彼のレッスンを受ける勇気があるのか、それよりも果たして彼のレッスンをaffordできるのか(値段はまだ聞いていません)はまだ分かりませんが、直感に従ってアメリカ生活ここまで来た私ですからきっと明日中にコンタクトを取って、今月中にはレッスンに行く事でしょう。。。(affordできたら、の話ですが。)

NYならではの特権かもしれませんね。
さてさてそんなSteveの演奏はここからご覧になって下さいませませ。↓

♪Remembering Tomorrow♪


♪Autumn Leaves♪
[PR]
# by kanascafe | 2010-09-19 14:51 | きいてきいて!