Kana's Cafe☆New York

kanacafeny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ほのぼのと( 17 )

ラブレター

最近ラブレターをもらいましたか?!
何でもEメールで済ませてしまえる昨今、ラブレターに限らず手書きのお手紙をもらう機会が少なくなりましたね。

でも子供達は違います。
紙と鉛筆が彼らのtools,アイデアとイマジネーションを絞って気持ちを表現します。
私のかわいいかわいい生徒達もレッスンに来る度に気持ちを込めた手紙を持って来てくれます。
切り刻んだ紙に文字のような物が書いてある「????」なものもありますが、子供達が「これは○○だよ(手紙を書いてそれをパズルにしてくれたらしい)」、と一生懸命説明してくれるのでいつもありがたく受け取っています。

12月からレッスンに来始めたRくん(7歳)はその中でもダントツ一番の熱いラブレターをくれます。彼は日本人とインド人のハーフで、アメリカで育ったにも関わらず、英語/日本語を達者に話します。(私の唯一日本語でするレッスン)。しかも日本の子供顔負けに漢字も書きこなします。レッスンでの注意書きも、私に日本語で書き込んでほしいと言いますが、たまに私が書き順を間違っていると「あれ、右っていう字は”ノ”を先に書くんじゃないの?」などと聞かれてドキッとします。(っていうか私、もう日本人失格??)

クリスマスに彼がくれた手作りカードはそれはそれは素敵な物でした。

d0157240_21124568.jpg

inside
d0157240_21113162.jpg


ハートシェイプの中に私とRくんの似顔絵(ふたりともニコニコ)。
そしてさらにハートが書かれています。
Rくんの気持ち、しっかり受け止めました 笑
まさに「心あたたまる」お手紙です。ああ、まだレッスンに来て3回だけどすごく楽しんでくれているんだなあ、音楽好きでいてくれてるんだなあ〜、と嬉しい気持ちでいっぱいになります。


そのRくんの今年初レッスンが昨日ありました。
「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と、日本の子供達よりも改まった挨拶をしてくれて、その後に「これ!」と言ってはにかみながら渡してくれたのは、これまた素敵な雪だるま君。「だいすきよ!かな先生!」という吹き出し付きです。
d0157240_21174694.jpg


「雪ダルマの手についているのはハトなんだよ。ハトの中にお手紙書いてるから読んでね。」、とRくん。
これまた手が込んでいます。ハトとは!
レッスンが終わってからじっくりと見せてもらいました。

ハト (これまた良くできてます!)
d0157240_21194353.jpg


お手紙
d0157240_21203215.jpg

「かな先生へ  だいすきよ。ぜったいにわすれないで!」

あら!!!!まあ!!これまた熱烈なラブレター!!!!

忘れるものですか。Rくんの気持ち、しっかり受け止めました。

今まで受け取ったラブレターでいちばん率直で印象的かも。。。
さすが半分はインド人の血が混じってあるだけあって、情熱的ですね。

あたたかい気持ちをありがとう☆
そしてみなさんに少し、おすそわけ。
[PR]
by kanascafe | 2011-01-16 21:25 | ほのぼのと

2011

d0157240_19242339.jpg


年賀状の変わりにE-card作ってみました。
今年のお正月は3年ぶりに日本で迎える事となり、新鮮な気分で迎えました。
環境が変わると自分のアイデンティティも多少変化があるので、NYでは生まれて来ない感情が生まれて来たりします。普段生活しているのはNYなのに、日本に帰ってくるといつもアメリカでの生活はまるで夢でも見ていたような、実際に存在しないような感覚にとらわれるのも不思議です。

2010年の下半期は素敵な出会いや再会がたくさんありました。海外生活が長くなると常に出会いと別れの繰り替えしになってしまいますが、やはり素敵な出会いは人生の宝物です。とくに尊敬できる女友達との出会いはかけがえのない物です。昨年はいろんな分野のプロとして活躍している女性達と出会う事ができました。ヘアメークアップアーティストで、Vogueなどの有名な雑誌の仕事や日本では芸能界で大活躍しているKさん。そして、ダンサーであり素晴らしいマッサージセラピストのNさん。分野は違えど人を相手にする仕事という面では私の仕事とも共通する所が多々あり、彼女達の仕事ぶりや仕事にかける情熱を見ているととても良い刺激をもらいます。それと同時に、私が常々仕事において一番大事だと思っている事、『人を大事にすること』がやはりずっと仕事を続けて行く上での秘訣なんだなあって言う事も彼女達を見ていると改めて気付かされます。

同じ職種の大事な友達もできました。ギリシア出身のMです。彼女とは最初に会った時にいわゆる「びび」っと来たんですね。明るくて美人で聡明で優しくて感性のするどい彼女。女友達として一目惚れ。(レズビアンではありません。あしからず。)すぐにお互い打ち解け合い、かけがえのない友達になりました。彼女の言葉はまるで心の薬の様に私の不安や心配を取り除いてくれます。彼女を通して少しずつですが、Love yourself(自分を愛する)、Be strong (強く生きる)とはどういう事かを学んでいます。

さて、2011です。
自分を愛せる強い女性になるのが目標です。
自分にもたっぷり愛をふりそそいで、そして子供達にもその愛がもっともっと届くようになるといいなと思っています。ピアノレッスンとミュージックセラピーの生徒もここ数ヶ月でうんと増えました。彼らが音楽の楽しさをどんどん知ってその楽しさをもっともっとたくさんのみんなでシェアして音を楽しむ輪がどんどん広まっていくように、地球全体が優しい愛の歌で包まれるように、少しずつですがNYから発信できていけばいいなあ、と思っています。

なわけで、今年のモットーは。

Sing a song of Love.

でございます。愛の歌を歌いましょう。 (^^)/
[PR]
by kanascafe | 2011-01-01 20:51 | ほのぼのと

明けましておめでとう!

d0157240_22445044.jpg

金沢の友達から送られてきた写真です。あまりにも素敵なのでアップしてしまいました☆彼は毎年スノーマンを作っているそうです。

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく!
[PR]
by kanascafe | 2011-01-01 01:00 | ほのぼのと

アバウトな気質

d0157240_16354033.jpg

例年恒例のColumbus Circleのクリスマスイルミネーションです。

すっかり寒くなりましたね。
マンハッタンはすっかりクリスマス一色でうっとり気分に♪
ファイナルの課題が終わったのでひといき着きたいところですが、来週はレコーディングそしてトレーニングもまだまだあるし、仕事も増えてきてるし、、で帰国まで忙しい日々が続きそうです。

でも、実は先週素敵なパフォーマンスに二つ行って来ました。
ひとつ目は、大好きな矢野顕子さんのコンサートに☆NYCならではの、カジュアルなライブバーでのコンサートで帰り際にあっこちゃんとしゃべったり写真撮ったりもできるんです!日本ではまずあり得ない!!ちなみに去年は私の目の前に平井堅さんが並んでて(あっこちゃんとしゃべるために)逆に彼が写真を撮られたりもしてました。しかし、私はあまりにもあっこちゃんの事を尊敬しすぎて,
好きすぎて、肝心の写真の時にも緊張で言葉がひと言も出ません。写真をお願いするのもジェスチャーで、、、ってなくらいの緊張度。よっぴのおかげで少し話しをする事ができて、「お仕事がんばってね」って言ってもらえて、もう嬉しさ100万倍でした☆

そしてその翌々日、ある方にオペラに連れていってもらいました。
実はオペラ初体験!!しかも有名なCarmenです!
まずはリンカーンセンターの美しさにうっとり。カーネギーも素敵だけど、ゴージャス加減が違います。オベラはなんと8時半〜11時50分までの約3時間半なのですが、心配とはうらはらにおもしろくてあっという間に終わりました。
曲も知ってるのばっかりだし、席に字幕が出るし、何よりもオペラ歌手の歌声の美しさに感動しました。いやあ、NYに住んでて良かったよ!

、、、とほくほくの気分で過ごした夜でした。

で、地下鉄に乗ったらこんなおもしろいアナウンスメントがあって思わず笑ってしまいました。アバウトすぎていつも迷惑しているNY Subwayですが、ここまで開き直られたらあっぱれですな。ま、このアバウトさもNYに住んでる醍醐味でしょうか。

こちら↓
d0157240_16414182.jpg


"G train will no longer run on any schedule. They will show up if and when we feel like it" (Gトレインはスケジュール通りには運行されなくなります。もしかすると私たちの気が向いた時に現れるでしょう。)
日本語訳にするとちょっと伝わりにくいんだけど、MTA(地下鉄の会社)側の「してやったり(ウインク)」... な顔が浮かぶ書き方です。
[PR]
by kanascafe | 2010-12-11 16:31 | ほのぼのと

駆け抜けた一ヶ月

お久しぶりの日記です。
「最近ブログ更新してないね」、という声がちらほら聞こえ始めました。
仕事と勉強と遊びに一生懸命になりすぎて、パソコンに向かう時間がなかったという訳です。

何も無かった訳ではなく、たくさん色んな楽しい時間を過ごしていました。
今日はばばん!とダイジェストで。

まずさかのぼる事10月9日。ジョンレノンの命日。
この日、セントラルパークのStrawberry Fieldsへ行ってみました。さすが、命日ともありものすごい人、人、人。
前も横も見えない状態です。Strawberry Fieldsでのんびりする、という計画は見事却下。
d0157240_12141292.jpg

ジョンに捧げる絵や花が飾られています。混み合うstrawberry fieldsを避け、この当たりでのんびりする人多数。同じ日にグリニッジビレッジにある大好きなカフェ、Cafe Reggioにも行きました。
ゴッドファーザーでも使われたこのカフェ、レトロな感じが神戸の喫茶店を思い出させます。とにかく大好きなカフェ。 
d0157240_12181793.jpg


そしてフィラデルフィアから戻ってすぐの週末は友達に紅葉狩りに連れて行ってもらいました。
アップステートの方にあるFishkill Villageという所まで行きました。車で1時間半くらい北へ行った所です。
NYCよりも大分気温が低い事もあり紅葉も見頃を過ぎていた感はありましたが、行き帰りのドライブウェイは息を飲むほど美しくメルヘンの世界でした。BGMは何故かスピッツ&小沢健司。あんなに聞いていたのにすっかり忘れてしまっていました。
d0157240_12195717.jpg

d0157240_12221129.jpg


そして翌日は、これまた別の友達がLouis Armstrongのミュージアムがクイーンズにあるから行こう!と行って連れて行ってくれました。ジャズの父Louisが実はクイーンズに住んでいたらしく、その家をそのまま保存してミュージアムにしています。これがすばらしい!
見た目はそんなに大きくない(彼ほどのスターからすれば)お家なのですが内装がすばらしい。一部屋一部屋テーマが決まっていてそのテーマにそって内装や家具が設定されています。家の内部は写真撮影禁止なので紹介できないのが残念ですが、もしNYに住んでいる人は是非とも訪れてほしい場所です。
d0157240_12285195.jpg


まだまだ続きます。

芸術の秋を堪能した後はスポーツの秋です。
2週連続でスポーツ観戦に連れて行ってもらいました。これが本当に楽しかった。
最初はNBA観戦です。NY Knicsは結果的には負けてしまったのですが、最後の20秒まで勝敗が決まらないという緊張感あふれるスリリングな試合でした。
d0157240_1231953.jpg


これでスポーツ観戦の味をしめ、おもしろかった!おもしろかった!と連呼していたら翌週なんと!アイスホッケーに連れて行ってもらえました。なんて素晴らしい事でしょう。
ホッケーは試合中に選手同士が格闘しても良いという事らしく、お客さんもそれを見に来ているような人が多かったです。ちょっとガラの悪い感じで、ヤジを飛ばしまくる客が多かったです。阪神を思い出しました。
d0157240_1234146.jpg

しかしアイスホッケーのあのスピード感ったらありません。見ていると今度はアイススケートがしたくなって来ました。来週はアイススケートにでも行こうかしら。。。

こんな感じで駆け抜けた1ヶ月でした。
もちろん遊びだけではなく、仕事、大学院、そして音楽療法のトレーニングも真面目にやってますからね☆
[PR]
by kanascafe | 2010-11-15 12:35 | ほのぼのと

The End of the Vacation☆ロブスターのお味噌汁

d0157240_8573867.jpg

9月。
アメリカでは新年度が始まる区切りの月です。9月より学生は新しい学年になります。
NYでも今日は久々に学生の姿がたくさん見られました。

私も例にもれず、実は学生になりました。フルタイムではなくパートタイムで大学院とNordoff-Robbins Centerという音楽療法の有名なところでトレーニングを受ける事にしました。そんなわけでは今朝は早朝から大学院のあるフィラデルフィラへ行き、その後とんぼ返りでNYUへ。

先週末はLabor Dayという祝日があったために3連休となりました。
Summer vacationの最後という事もあり、思い残す事なく遊ぶ連休でもあります。

私は家に6人招待して友達の誕生日会をしました。こんなに大人数を家に招くのは初めてでちょっと緊張しましたが、大成功。

久々に大量の料理を作りました。
コロッケ35個とか!(でも私のコロッケはかわいい俵型の二口サイズですが)和食系のお惣菜や炊き込みご飯も作りました。そしてやはりメインはロブスターです!うちの家の近くの中華マーケットのいけすでいつも元気よく泳いでいるロブ達。4尾くらい買うつもりで行ったら、なんと残り2尾しかなくてがっかり!!でもアメリカのロブは大きいのでなんとか7人が取り合いする事はなく平和に解決できましたが。。。

で、ヒットはこのロブの殻を使ったみそ汁。見よう見まねでやってみたけど私的にはかなりヒットなお味でした。ロブみそ(?)の甘みを引き立てるように、と少しみりんと黒砂糖を足したのが正解だったみたい。こくのあるロブスターみそ汁ができました!

この日は大人が7人そろって飲んで食べて笑いました。アーーー楽しかった!

そういえば最近全然レシピをアップしていないので、ロブスターみそ汁の作り方を紹介しちゃいます。

材料:
ロブスターの殻
だし汁
みそ
豆腐
わかめ
みりん、黒砂糖、日本酒

1)ロブスターの殻をだし汁で煮込みます。沸騰したら日本酒を適量加えます。煮込み加減はお好みで。
2)1に豆腐とわかめを入れます。
3)沸騰したら一旦火をとめて味噌をいれます。
4)再度弱火にかけて、みりんと黒砂糖を極少量(隠し味程度に)加えます。

!!!できあがり!!!
(これはレシピと呼ぶのだろうか。。。。)


学生生活がんばるぞ!
[PR]
by kanascafe | 2010-09-08 09:07 | ほのぼのと

出会い☆ピアノと、友達と、う○こコーヒーと。

d0157240_5582149.jpg

<今日のブランチ。近所で見つけたミニベーグルの上に卵、トマト、ロシアンチーズ、そして自家製バジル。あったかいミルクティーを一緒に九谷焼きのカップで。>

のんびりとした日が続きます。NYでこんなにのんびりできているのは初めてのような気がします。
なんとなく最近の出来事を書いてみます。

いくつか出会いがありました。
まず一つ目はピアノとの出会い。家にピアノが欲しいなあ、と前から思っていて中古を探したり色々していたのですが、この先何年NYにいるかもわからないのでレンタルピアノを探す事にしました。
そこで出会って一目惚れしたのが Mason&Hamlinのほぼアンティークピアノ。Mason&Hamlinというブランドを聞いたのは初めてだったのですが、調べてみると職人魂にあふれるピアノブランドで素材や製法にかなりこだわり一時期はSteinwayよりもレベルの高いピアノブランドとして扱われていたようです。それを証明するかのように、この私が出会ったピアノはなんと50歳以上にもかかわらず、ものすごく良いコンディションでした。予算にも見合っていたし、サイズも大きすぎず、でもスピネットではないベストなサイズ。色やデザインもいわゆる”ピアノ!”というシャイニーな黒ではなく、落ち着いた茶色で部屋の飾りとしても使えるような趣。これはもう出会い、ですね。早く届くのが待ち遠しいわけです。

さて二つ目の出会いは、同年代の日本人のお友達です。珍しくないって?いやいや同年代の日本人の友達とNYで出会うのが、普段の私の生活パターンからするとどれだけ難しい事か。。
私は仕事先にもプライベートでもなかなか日本人がいないので、これはとても嬉しい出会いでした。

きっかけは、友達が開いた「世界一高いコーヒーを試飲するパーティ」。

世界一高いコーヒー?!
なんと、店で飲むと、高い所で一杯$99もするとか!!
豆で買うと100g 5000〜6000円するらしいです。

そのコーヒー豆をインドネシア(?)から輸入するから会費制でパーティを行うという案内が来ました。
コーヒーが苦手な私もこれはちょっと興味アリ!です。
さて、そのコーヒー実は実は、とっても不思議な製法で作られます。

、、、というのも(食事中の方すみません)、何とこのコーヒーの豆はジャコウネコの糞から採られるんです!!
コーヒーの名は、コピルクワ。詳細はこちらから。

友達の家に着くと、旦那さん(アメリカ人)がさっそく、
"Who would like to try our "UNKO" coffe?" (さあ、誰が”うんこコーヒー”飲んでみたい?)。

うんこ、、、、。

コーヒーが飲めない私が言うのもなんですが、味は、、、
「インスタントコーヒーみたい」でした。要は酸味が全くないんです。
あと、飲んだらしばらくして体がすごくだるくなり眠たくなります。なんとも不思議なコーヒー。。。

コーヒーはさておき、パーティーはとても楽しかったです。最初に書いたように同年代日本人と出会えてそれがすごく嬉しかったです。私と同世代でNYにいる人達となると、必然的に何かをつきつめている人達になります。(何気なく遊びにNYに来ている人ではなく、ビザを含め数々の難関を乗り越えて来たという意味)。
お会いした方達、全て素晴らしい方ばかりでした。バレエダンサー、ダンサー、某大手メーカーで開発をしている人、そしてパーティ主催者の夫婦はオペラ歌手、、などなど。英語や文化の壁で苦労してきている者同士の「あるあるネタ」があり大笑いし、みなさん血のにじむような努力をしている人達ばかりなのにそれをみじんもみせなくて、でも随所に人並み以上の努力をされて来たんだなあ、、、というのが伝わってきて尊敬できました。

人種は関係ない、と言えどもやっぱりたまには日本人同士で大笑いしたい私です。
たまには、みそ汁が飲みたくなるように。。。
[PR]
by kanascafe | 2010-08-19 05:58 | ほのぼのと

さてまた一年がんばりましょう。

d0157240_252217.jpg


NYに戻り一週間。
相変わらず時差ぼけがまだあるけど、言い換えれば超健康的な生活(10時に寝て7時前に起きる)とも言えるのでそういう事にしておこう。

NYはここの所25〜28℃の涼しい日が続いている。
まだホームシックな気分が抜けないが、今年一年はNYをもっと満喫しよう!もっとマンハッタンを出歩こう!と思う。街ではいろいろハプニングしているわけだし!

仕事もぼちぼち始まった。昨日はピアノを見に行った。素敵な出会いがあった。買わずにレンタルする事にした。

ファーマーズマーケット(ローカルの野菜や果物が買える)をのぞくと美味しそうな野菜や果物が。手に触れるだけでエネルギーを感じる、そんな物だけ食していたい、と私はいつも思う。だからファーマーズに行くとついつい財布のひもががばがばになる。でもそれでいいのだ。

エネルギーが溢れんばかりにきらめいていたトウモロコシとアメリカでは見かける事がめずらしい空豆、それにトマトやきゅうり、おいしそうなブレッドなんかを買ってみた。

さっそく今朝のブランチへ。

このブランチに合わせてアイスカフェオレを作った。
最近作ってはまっているインドのチーズ”パニール”を作った時に出来る乳清(ホエイ)と少量のミルクで作ってみた。ホエイは母乳の成分に近いらしくてとても健康的だとか。肌にぬってもいいらしい。それよりなにより美味しい!

エネルギーが体に取り込まれる。
また一年この土地でがんばるぞ〜〜!

グランが恋しいが。。。
[PR]
by kanascafe | 2010-08-15 02:06 | ほのぼのと

わんぱくGran☆ビーサン解体の巻

先週うちに養子に来たGran君ですが、すっかり緊張も解け、今では手に余るほどのわんぱくぶりを発揮しています。

d0157240_10522582.jpg
買ったばかりのVictoria's Secretのビーサンの解体にとりかかるGran。
d0157240_10523815.jpg
せっせ、せっせ。
d0157240_10524841.jpg
「フ〜。疲れたぜ。」一息着くGran。

、、、、とこんな調子。

最近は階段の上り下りもできるようになり、早朝5時から2階で寝ている家族を起こして大迷惑。
あまりにもワルがすぎるのでついに今日は家の中への出入りが禁止になってしまいました。
我が家の庭はとても広いので庭で飼うのも良いかもしれません。
ちなみにこれが父作のGranのハウス。うちの父が「グランのはなれ」と名付けて看板も作りました。
(しかし実はグランには少し小さすぎて入る事ができません。なんじゃそら 。。。)
d0157240_1058996.jpg




この後もせっせとビーサンの解体に励むGran。その様子を映像でご覧下さいませ↓☆
口からビーサンのかけらを「ぺっ」と吐き出す所が笑えます。



[PR]
by kanascafe | 2010-07-22 11:02 | ほのぼのと

田舎へ行こう☆神戸電鉄&北条鉄道を乗り継いでぶらり♪電車の旅

d0157240_1131960.jpg
北条鉄道車窓から。のどかな田園風景が広がる。

すっかり梅雨も開け、暑い暑い夏がやって来ました。
今日はいつも仲良くして頂いているTさんが、”初夏の播磨路をローカル電車で行くお食事ツアー”を企画して下さいました。このTさんは、私が学生時代にバイトしていた”グッドマン”というジャズバーの常連さんで、Fujitsu Tenから出た TIMEDOMAIN:心のオーディオの開発者であり、若手ミュージシャン育成プロジェクトの第一人者でもある方です。

このTさんは私が帰国する度にいつも食事に誘って下さいますが、単なる食事ではなくいつもイベントが盛りだくさんで本当に楽しい時間をプレゼントして下さいます。

さて、今回はTさんから前もって「旅の企画書」が届きました。なんでも加古川の粟生という所から出ている超ローカル”北条鉄道”に乗り、田舎道を散策しながら酒蔵を改造して作られたレストラン『ふく蔵』で食事を頂くというツアーだそうです。ツアーの目的は『街の雑踏から離れて木々の新緑や小川のせせらぎ、小鳥のさえずりなど、都会では味わえないスローライフな時間を過ごせます』とありました。

待ち合わせは粟生駅。私は神戸電鉄で粟生まで行きます。
久々の神鉄〜。高校時代毎日乗ってた電車。
d0157240_111859.jpg
さすがに粟生方面行きはガラ空きです。昔と比べて車内が広々としています。そしてもちろんエアコン完備。(以前は運が悪いと扇風機の電車でした!)

→続きはこちらから☆
[PR]
by kanascafe | 2010-07-20 11:31 | ほのぼのと