Kana's Cafe☆New York

kanacafeny.exblog.jp
ブログトップ

田舎へ行こう☆神戸電鉄&北条鉄道を乗り継いでぶらり♪電車の旅

d0157240_1131960.jpg
北条鉄道車窓から。のどかな田園風景が広がる。

すっかり梅雨も開け、暑い暑い夏がやって来ました。
今日はいつも仲良くして頂いているTさんが、”初夏の播磨路をローカル電車で行くお食事ツアー”を企画して下さいました。このTさんは、私が学生時代にバイトしていた”グッドマン”というジャズバーの常連さんで、Fujitsu Tenから出た TIMEDOMAIN:心のオーディオの開発者であり、若手ミュージシャン育成プロジェクトの第一人者でもある方です。

このTさんは私が帰国する度にいつも食事に誘って下さいますが、単なる食事ではなくいつもイベントが盛りだくさんで本当に楽しい時間をプレゼントして下さいます。

さて、今回はTさんから前もって「旅の企画書」が届きました。なんでも加古川の粟生という所から出ている超ローカル”北条鉄道”に乗り、田舎道を散策しながら酒蔵を改造して作られたレストラン『ふく蔵』で食事を頂くというツアーだそうです。ツアーの目的は『街の雑踏から離れて木々の新緑や小川のせせらぎ、小鳥のさえずりなど、都会では味わえないスローライフな時間を過ごせます』とありました。

待ち合わせは粟生駅。私は神戸電鉄で粟生まで行きます。
久々の神鉄〜。高校時代毎日乗ってた電車。
d0157240_111859.jpg
さすがに粟生方面行きはガラ空きです。昔と比べて車内が広々としています。そしてもちろんエアコン完備。(以前は運が悪いと扇風機の電車でした!)



約1時間、神戸電鉄にゆられようやく粟生着。
ここからはお待ちかねの、北条鉄道です。
d0157240_11225343.jpg
車両は一両。
d0157240_1123753.jpg
切符は無く、バスの様に降りる時にお金を払うシステムです。

いよいよ田舎っぽさが満載です。
まるでトトロの世界!

車窓からの風景(トップの画像参照)を楽しんだらいよいよ「ふく蔵」のある"法華口"に到着。

d0157240_11264259.jpg
超レトロな雰囲気。小鳥のさえずり以外雑音はありません。

さてここからがチャレンジです。ふく蔵はこの駅から徒歩約25分。
炎天下の中、田舎道を歩きます。
のどかな田園風景に癒されながらおしゃべりもはずみます。

そしていよいよふく蔵到着。田舎道に突如現れたおしゃれ〜なレストラン。
写真が無かったのでHP参照してください。ふく蔵

驚いた事に、店内はほぼ満席。
d0157240_11344340.jpg

d0157240_1135522.jpg


d0157240_1138770.jpg
        「十種の野菜と酒蒸し鶏膳」
d0157240_1138508.jpg
        「ローストビーフ膳」

Tさんはお酒(利き酒セットというのがありました)、私は特製ジンジャーエールを頂きました。
デザートに梅のシャーベットを頂き、満腹☆

お腹もいっぱいになったところで、また来た田舎道をのんびりとおしゃべりしながら歩いて法華口まで戻ります。
おしゃべりに花が咲きすぎて、一時間に一本しかないという北条鉄道が私達の目の前を通過〜。
仕方がないので、駅付近にあったこれもレトロな喫茶店で一時間ゆっくりします。なんてゆる〜い一日なんでしょう。最高です☆

NY生活中にずっと夢見ていた「自然の中でゆっくりすごす」という事が、Tさんのおかげで実現しました!Tさん素敵な旅をありがとうございました。


ちなみに。。。。この旅はここでは終わりません。実は続き(落ち)があります。

ふく蔵で父親にお土産として日本酒を買った私。重い思いをしながらも大切に持ってかえりました。
ところが!!!地元の駅に着いた瞬間に間違って落として割ってしまったんです!!

。。。

辺り一面日本酒の香りが漂い、駅員さんには迷惑をかけるし。。(しかし日本の駅員さん何て優しいんでしょう。「危ないので後はお任せください!」と言って全部掃除して下さいました。)

そして何よりも恥ずかしかったのが、
割れた時にショックで思わず 「Oh, MY GOD!!」と英語で叫んでしまった私。。。

まわりの人はびっくりしてこっち見てるし、私は情けないやら恥ずかしいやら、割れたのが悔しいやら。。。
[PR]
by kanascafe | 2010-07-20 11:31 | ほのぼのと